FC2ブログ
間取りは大詰め
夜、猫の建築士さんに来て頂いての打合せです。

間取りはすでに要望をほとんど取り入れてもらっているので、これでほぼ確定。
今日は概算見積を出す為にざっと大まかな仕様を確認しました。

床材については、杉足場板のフローリングタイプが無難でよいのでは?ということになり、コストを抑える為に施主支給にすることにしました。
厚が30mmあるので、2階床に使用することで1階の天井は表し天井にしてコストダウンさせる予定です。

施主支給は基本的には可能とのことですが、エアコン・照明などの電化製品は工務店さんが嫌がることが多く、また案外手間がかかる割にはコストダウンにならない可能性があるそうなので、おすすめされませんでした。
それ以外のもの(トイレなど)は、我が家の近くに「建材市場」という建材のアウトレット店があるので、これからはちょくちょくチェックしに行こうかと思います。何せアウトレットなので、お買い得品に出会えるかどうかはタイミングが命、です。
薪ストーブも施主支給にすることにしました。

内壁はタナクリーム仕上げ(ローラーで塗るタイプ?)です。

工法については、「屋根通気工法」「外壁通気工法」共に再確認、ただ屋根通気工法については段違い屋根の我が家の場合、低い方の屋根の棟が壁に当たってしまう為、ちょっと工夫が必要になりそう。それは建築士さんに検討をお願いしました。

仕様の確認の結果・・・我が家は結構ハイスペックなんだそうです(汗)
はてさて、見積は概算とは言え幾らになるんだか;;

さて、打合せを終えて、My旦那に聞かれました。
「うち断熱材て、全部パーフェクトバリアなの?」
そういえば建築士さん、パーフェクトバリアの価格を確認しました、と話していたような?
以前屋根通気工法の話をした時にパーフェクトバリアを使っている例を見せてお話したので、屋根だけパーフェクトバリアを使うという意味、とその時は思ってたんですが、よくよく思い出すと、前々回の打合せでセルロースファイバーの屋根への吹付けは可能だって建築士さんに確認とったんだった・・・。もしかしたら建築士さんに間違えて仕様が伝わってしまっているかも。
自分自身が色々なことを決めたり、考えたりする中で、ちょっと記憶が混乱しちゃってます。これはいけない!
断熱材についてはあくまで第一希望はセルロースファイバーです。コスト的に変更になることはあり得るけど、まず概算見積の段階なんだし、第一希望で見積もってもらう為、メールで確認してみようと思います。

FC2Blogランキング、Let's Click Here!

FC2ランキング
スポンサーサイト
【2007/07/20 21:52】 打合せ | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム |