FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
あきらめたこと
今回の話はタイトルのとおり、あまり面白くない内容です。
内容が面白くないよう なんて、ははは・・・。(すみません、自虐しました;)
床材には30mmの厚さの杉板を使いたいと思っていました。
それだけの厚みがあれば材自身が蓄熱して温かみがあると思ったからです。

しかし厚30mmの床材は通常の厚のものに比べてコストがかかる・・・
そんな時に知ったのが、杉の足場板を床材に使用する方法でした。
杉の足場板を使用することでコストダウンにもなる、
ただ普通のフローリングに比べるとラフな感じに仕上がる。
杉足場板2
こんな感じとか・・・
杉足場板7

私は元々幅広でラフな感じの仕上がりがいいなと思っていたし、
実際の施工例の写真をみて一般住宅ではあまり見たことのない
カフェっぽい仕上がりが気に入ったので、ぜひ取入れたいと思いました。
そしてそれは設計の早い段階、まだプラン提示の頃から設計士さんに言っていました。
実際に足場板のサンプルも取り寄せて見せたりもしていました。
設計図面にも「床 杉足場板」と書かれていて、その図面で工務店の合い見積もりが取られました。
私はこれでそのまま順調に進むと思っていました。

しかしそれが私の、施主としての詰めの甘さでした。

足場板は本来足場として使用する板のため、表面はささくれ立っていてそのままでは床材として
使用することは出来ません。なので、カンナ掛けをする必要があります。
図面に足場板を使うことは明記されているので、そのカンナ掛けの工賃も含まれた見積もりだと思っていました。

しかし実際には含まれていませんでした。
その工賃を見積もってもらったら、別料金で1枚あたり¥3,000以上かかると言われ・・・
結局計算してみたら通常のフローリングを使った方が安くなってしまうという結果になりました。

通常コストダウン手法として用いられる足場板を使っているのに逆にコストアップしてしまう、
それは工務店が工賃をいくらでやってくれるのかで変わって来るんだと思います。
工務店との顔合わせで足場板のサンプルを見せた時、「こういうの、最近流行ってるみたいだけどね・・・」と呟きながら嫌な顔をされた時に嫌な予感はなんとなくしていたんですが、結局この工務店さんでは足場板での施工はやりたくないんだと思います。
床にフローリングを使った場合と足場板を使った場合で、必要枚数と工賃の計算をして教えて下さいとお願いしてもフローリングの必要枚数しか回答してこないし・・・この時は設計士に文句を言ったので、しぶしぶ出てきましたが、その結果はコストアップ。

設計士さんには実物のサンプルも見せていたし、施工例の雑誌などを見せたりして、こんな感じにしたいって伝えていたのに、施工例の写真を見せたことでさえ「そんなの見せてもらいましたっけ?」って感じで忘れていました。正直、がっかりでした。

一般住宅で足場板を床材に使う、というのはそれほど一般的なことではないですし、
新しい挑戦だと思うんです。もし建築で新しい挑戦をするのなら、施主・設計・施工の3つのうち、少なくとも2つはそれについて前向きでないと成功しないんじゃないかなと私は考えます。

しかし今回は完全に施主である自分だけが前向き、裏を返せば設計・施工は乗り気なし。これはうまくいかないな・・・と思いました。
乗り気じゃないのにやってもらってもいい仕上がりになりそうにないし、もし施工結果が自分の予想と違っていたとして、「あんたがラフでいいって言うから、こうなったんじゃないか!」と言われかねない、そう思ったからです。

本来楽しいはずの家作りのブログで、あまり楽しくない話は書きたくないなと思ってたんですが、
今日たまたた言った雑貨屋さんの床が足場板で施工されていて・・・そこはお店だったので基本
土足ではあるんですが、素足で歩けそうなくらい、丁寧に施工されていました。
頼むところに頼めば、こんな仕上がりに出来たんだろうなと考えたら・・・すごく切なくなって
つい書いてしまいました。

ちゃんと見積もり段階で、工務店と設計士にどう施工するつもりなのか、工賃はどうなるのかを確認せずにきてしまった自分が悪いんですけどね。
合い見積もりをお願いする時に、設計士に任せずに自分も同席して思いをちゃんと伝えておいた方がよかったのかな、と思ったり。

工務店も悪い工務店とか、そういうことではなく、純粋に相性が合わないなあと感じるだけで、悪くはないんです。簡単に表現すると、保守的工務店 VS 革新的施主、みたいな。
革新につきあってくれる工務店さんなんて、あんまりないとは思いますけどね。(爆)

構造材のこともあったので、もう工務店変えようかと熱くなってた時期もあったんですが、
革新的な工務店が見つかったんならそれもありかもしれないけど、工務店情報詳しくないし(涙)
資金的にやり直しはちょっと厳しいし・・・。

結局床材は、杉の足場板使用をあきらめて、ちょっとでも足場板の風合いに近づけるようにと、幅広(18cm)の杉フローリングを注文しました。(床材は施主支給なんです)

今後は、プロだからやってくれるだろう、という甘えを持たずにすべてきちんと確認すること。
それを教訓に少しでも自分の理想に近づけるようにがんばろうと思います。

長文になってしまいました。お付き合い、どうもありがとうございました。
明日は構造材プレカットです。
スポンサーサイト
【2008/03/23 18:36】 家造りの思い | トラックバック(0) | コメント(10) |
<<プレカット工場見学 | ホーム | IKEA弾丸ツアー>>
comments
----
yukinekoさんが書かれている通りだと思います。
施主の熱意を分かってくれれば・・・と思うことはあります。でもお願いしてくれるところの得意分野と
そうでないと冒険したくないと思うのかもしれませんね~
それでも杉のフローリングも素敵ですね♪♬
【2008/03/23 20:41】 URL | yumyum616 #-[ 編集] |
----
こんばんは。

工務店との行き違い、すれ違い、私も経験あります。
その時、「やってくれるだろう」という甘い気持ちは持ってはだめだと確信しました。
自分で積極的に動かなければと。

気になるところは早め早めに確認していったほうがいいと思います、工務店には嫌がられるかもしれないけど。

でも、施主にとっては人生一度きりの家つくりですから、後悔したくありませんものね。

工事の進行状況がほぼ同じ、同士として頑張っていきましょう。
【2008/03/23 22:17】 URL | たけのこ3姉弟のおとう #-[ 編集] |
----
こだわりの部分がコミュニケーション不足と予算で断念するのはイタイですね。

確認に確認を重ねて、
聞いて聞いて相手に伝わるように
打ち合わせするというのは
気をつけているつもりでも
足りない事はないでしょうから、
これ以上悲しい想いをしないように
前向きにがんばりましょう。


自分も相性は合っていると思って
頼みましたが納得いかない部分はありました。

そう考えると究極の家作りは
セルフビルドになるのかなぁ。

【2008/03/24 12:12】 URL | 紺ちゃん #-[ 編集] |
----
ああ・・・何だか分かるような気がします。
工務店の中で、使う部材の範囲が決まっちゃってるんでしょうね。
使ったことが無い物は保証が面倒なのでやりたくないし
知識も技術も自信が無いと・・・
私も何度か歯がゆい思いをしました。
でも結局、実績が無いことを無理やりやってもらって
失敗するのも・・・と思って諦めた物が結構あります。
でもyukinekoさんが随分前から拘って伝えてた事ですから
出来ないなら出来ないと、早いうちに言って貰わないと
困りますよね(´Д`;)
【2008/03/24 22:28】 URL | burico #8c9TyY0w[ 編集] |
--yumyum616さんへ--
長文読んで頂いて、ありがとうございました。工務店さんの得意分野を自分がもっと把握しておくべきだったかな?と今更ですが痛感します・・・。
足場板は無理だったけど、幅広の杉フローリングがいい感じに仕上がってくれればいいな、と思ってます。
【2008/03/24 23:05】 URL | yukineko #2vvb6UUQ[ 編集] |
--たけのこ3姉弟のおとうさんへ--
すごい長文になっちゃったのに、読んで頂きありがとうございました。
プロだからやってくれるはず、という考えは捨てて納得いくまで話し合わなければと今回の事で痛感しました。
よく言われる「家は何軒か建ててみないと本当に満足する家は作れない」っていうのはこういう事も含まれているのかな?とも思いましたです。でもたぶん一度しか作れないから・・・(汗)今後気を引き締めなければいけませんね。お互い少しでも満足いく家目指して、がんばりましょう!
【2008/03/24 23:15】 URL | yukineko #2vvb6UUQ[ 編集] |
--紺ちゃんさんへ--
長文になってしまったのに読んで頂いてありがとうございました。
コミュニケーション不足と予算・・・まさにそれです(涙)
床についてはあきらめ、になってしまいましたが、今後はこんなことにならないように確認確認、でがんばります!

うーんセルフビルド!これができれば満足ハウス、完成できそうですね。
大工さんに弟子入りしたいー(爆)
【2008/03/24 23:22】 URL | yukineko #2vvb6UUQ[ 編集] |
--buricoさんへ--
長文になっちゃいましたが読んで頂き、ありがとうございました。
ちょっとやりきれない思いがいっぱいになっちゃってましたが、分かってもらえてうれしいです(涙)
多分無理を言えばやってくれると思うんですが、その結果がどうなるか不透明な状態というのはちょっと怖いですよね。「保証」という言葉を業者さんからよく言われます。今まできっとこの保証で痛い思いをしているのかも、とも思うんですけど・・・。
でもこれを教訓にして、今後は同じ失敗しないようにがんばろうと思います!
【2008/03/24 23:48】 URL | yukineko #2vvb6UUQ[ 編集] |
----
イメージとしては、カイケンの「音響熟成の杉」が合っているようにお見受けしましたw
足場用の杉、そんなに革新的なことでもないと思うんですけど、やっぱりもともと床用に仕上げてある部材を仕入れるのと比べたら手間もかかるし、担当の方が嫌がったのでしょうね・・・残念なことです。
同じ工務店内でも、新しいことを取り入れること、施主の希望に沿うように尽力することに熱心な人、その逆な人がおられるので、そういう担当さんに当たったのかもしれませんよね。
私たちかお願いしたところでも、若い担当さんだったら、今のような内容では出来上がらなかったと思うのです。
営業さん・大工さん・現場監督さんの組み合わせ次第と感じました。

yukinekoさん邸は、まだまだこれからも楽しみとご苦労が続くかと思いますが、少しでも満足度の高いおうちになりますように♪
【2008/03/26 17:15】 URL | 亨珈 #935qcF/Y[ 編集] |
--亨珈さんへ--
長文にお付き合い頂き、ありがとうございました!
「施工する人の組み合わせ次第」というのが、うんうんと頷いてしまいました。今の担当者さんは冒険するよりは石橋を叩くタイプの方なのかもしれないです。その分しっかりした家を作ってくれるんだ、と考え方を切り替えてみようかとも考えてます。まだ始まったばかりですが、頑張ります。
※音響熟成木材は実ははじめて聞いて、HPで調べてみたのですが、音で乾燥させるなんてすごい技術ですね!木は木材になっても生きている、って言われますが、まさにそれを実証するような乾燥方法だな、とすごく気になりました。
【2008/03/26 23:39】 URL | yukineko #2vvb6UUQ[ 編集] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://nekoielog.blog96.fc2.com/tb.php/122-690852aa
| ホーム |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。