スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
薪ストーブの下は。
我が家は薪ストーブを使う予定です。
しかし基礎を作る時に薪ストーブの下をコンクリートで埋めてありませんでした。
設計士さんの今までの経験から、大工仕事で補強をすれば十分ということでそうなったようです。
でもちょっと気になったので、ある掲示板でどのくらいの補強が必要なのかを質問してみたところ、色々情報を頂けてとても助かりました。

その中で「地震で瞬間的にかなりの加重がかかる場合、プラスチック製の床束を使用していると衝撃に弱く戻りも悪いので金属製が必須」との回答を頂きました。
確かに普段の生活で問題なくても、地震が起きれば瞬間的にすごい力が束にかかりそう・・・。
しかも自分の住んでいる地域はいつ大地震が来てもおかしくない地域、これはかなり気になることです。早速確認してみると、プラスチック製の床束を使用予定だということだったので、金属製に変更してもらいました。
080404_金属束
地震が来ない、に越したことはないんですが・・・。
スポンサーサイト
【2008/04/03 22:42】 薪ストーブ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<屋根上がり、決死隊! | ホーム | 屋根工事>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://nekoielog.blog96.fc2.com/tb.php/126-b79190c4
| ホーム |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。