スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
Wトイレ問題
あらたなカテゴリー、「失敗・反省点」の第一弾ネタです。(爆)
これから家を建てる方お気をつけ下さい、の意味を込めて書きます。




1Fと2Fにトイレがあるんですが、今回同時に2つ共問題点が見つかりました。
まずは1F、当初レイアウトはこんな感じでした。
1Fトイレ1.
図面で見て問題はないと思っていたんですが、現場でサイズを測って実際に大体この位置って所でしゃがんでみたら窮屈な感じがしました。その原因はこれでした。

ダクトスペース。
1Fトイレ2
たかだか20角程度のダクトスペースなんですが、これがあるだけでかなり窮屈に感じます。
人それぞれですが、私の場合トイレは「くつろぎたいスペース」。
以前住んでいた実家のトイレが狭くて落ち着かなかったんですが、今住んでいる借家のトイレは実家のと部屋の奥行の差がたかだか30cmほど違うだけなのに広く感じられて、落ち着きます。
もう実家のような、落ち着かないトイレは嫌だと思い、レイアウトを変更してもらうことになりました。
1Fトイレ3

で、ここで一番の失敗点は、すでに床下に吹付断熱工事をしてしまった後に、この問題に気が付いた事。便座の位置を変更する=配管も変更しなくてはいけなくて、せっかく施工した断熱をまたはがすことになってしまうので・・・便器と室内の間隔は早い段階で確認しておく必要がありました。

次は2Fトイレです。(次々と・・・(涙))
1Fトイレの問題が発覚したので、2Fも念のため間隔の確認をしに行きました。
便器の位置を確認するため、配管がどこから出ているか見てみました。
ここで排水方式の違いは以下の通りです。
排水方法

2Fトイレは床上排水なので、壁から配管が出ているはずです。しかし見てみると・・・
080511_2Fトイレ排水2
思いっきり床から出てます(涙)

図面には「床上排水」と書いてあるし、まさか、施工ミス?それとも実はここから配管がぐにゃぐにゃ曲がって床上になったりするの?等と思いをめぐらせつつも設計士さんに確認すると・・・私が連絡したトイレの品番が床排水の品番だったらしいのです。

ってことは、原因・・・私、かい!orz
(かなりへこみました。)

トイレは施主支給品でした。言い訳になっちゃいますが自分の持ってる、品番が分かる資料というのが、床上排水にする前の資料しかなかったんです。最終的に床上排水で手配したんですが、品番の末尾で排水方式を区別している(床排水は「-P」で床上排水「-BU」)というのを知らなかったので、その床上排水になる前の資料の品番をそのまま伝えてしまったのでした。
結局現場監督さんが交渉してくれて、設備屋さんが便器のみ床排水の物と交換してくれて、うちの床上排水用の便器は他の現場で使って頂く(等価交換)ことになりましたが、すごく迷惑をかけてしまいました。
設備を施主支給をする時は、型式連絡は気をつけないと。
大きな教訓になりました。
スポンサーサイト
【2008/05/19 23:38】 失敗・反省点 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<外構のイメージ | ホーム | 現場会議6>>
comments
----
私も設備機器は全て分離発注でいこうかと思っています。

寸法など色々と問題点が出てくるんですね。
気を引き締めていかないと、途中でバテそう・・・・・

起こりそうな問題は、事前に対策を講じておく事も大切ですね。



【2008/05/23 21:39】 URL | 寿COMPANY #-[ 編集] |
--寿COMPANYさんへ--
すべてを工務店にお任せしてしまえば楽なんでしょうけど、コストを抑えていい物を使いたいと思ったら、やはり施主自身が動くしかないのですが・・・今回の問題は施主支給の典型的な失敗例かもしれません(涙)
結構色々なものを施主支給したんですが、設備関連の場合は業者さんとの連絡を確実にする必要があるな、と強く思いました。
【2008/05/23 23:22】 URL | yukineko #2vvb6UUQ[ 編集] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://nekoielog.blog96.fc2.com/tb.php/150-85cf1365
| ホーム |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。