スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
薪ストーブ+ル・クルーゼ
ルクロンド20
ル・クルーゼのココットロンド(20cm)です。
前々からほしかったんですが、たまたま安くゲットできそうだった事と、薪ストーブの勢いを借りて、エイヤ!で昨年買っちゃいました。

薪ストーブ+ルクを使ってみての感想は、やっぱり煮込み料理がおいしく作れるようになったのが大きいです。
崩れそうに味の染みた「肉じゃが」は、今までどんなに煮込んでも作れなかった味でした。(※「肉じゃが」のジャガイモに関しては煮崩れしたのはちょっと、って方もいるので好みがあるかもですが)
「クリームシチュー」も、煮込んだ鶏モモがホロッと口の中で溶ける感じに仕上がって、たまりません・・・。

煮込はストーブトップの温度が200℃~250℃で1~2時間置いておくと出来ます。
うちのCI-8GLCBの場合、炒めは250℃以上ないと難しいです。
トリベット(鍋の下に敷いて火力調整するアクセサリ)なんて、全然要らないぐらいトップの火力が弱い気がするんだけど・・・気のせいかな?

煮込料理以外に、こんなものも。
ルクスチーマ

じゃん。これまた勢いで買っちまった、ココットロンド用のスチーマー。(爆)
鍋にお湯を張り、スチーマーの上から蓋をして使います。

これを使って最近はまっているのが、「豚肉と野菜の蒸し煮」です。
白菜を3,4cmに切り、スチーマーに並べてその間に豚肉や薄切りにしたエリンギ等を所々挟んでギューギュー詰めにしてゆき、その上からモヤシをドバッと載せて鍋の蓋をします。そのまま1~2時間蒸して、ポン酢醤油で頂きます。
白菜から甘味がでて、簡単なんですが意外にもすごくおいしいです。
いつも自分でもびっくりするぐらいの大量の白菜を平らげてしまいます(笑)

鍋に残ったお湯には豚肉と白菜のうまみが出ているので、灰汁を取った後にソーセージ・カブ・人参・キャベツなどを入れて、翌朝のポトフにします。



スポンサーサイト
【2009/02/11 15:21】 薪ストーブ | トラックバック(0) | コメント(5) |
<<パンはどう焼こう? | ホーム | 焚付準備>>
comments
----
ストーブはあまり天板が熱くならないタイプなのでしょうが?
とろ火がちょうど良く出来そうな機種ですね。
それにしても白菜の蒸し煮いいですね~。うまみたっぷり♪
さっそく真似させてくださーい。
ぺこり
【2009/02/12 11:15】 URL | 紺ちゃん #hEMd9J4w[ 編集] |
----
「豚肉と野菜の蒸し煮」聞いただけでもよだれが。。。
やっぱ、女性がストーブに興味あるとおいしい料理ができて羨ましいです。わが嫁は、未だ暖房器具としてしか見ていないようで、全然その気がありません。
ところで、ストーブトップの温度ですが、機種や構造が違うので参考にならないかもしれませんが、DWのセネカですが、250度以上なんてガンガン焚かないといきませんよ。
直火が天板にあたるような機種じゃないと炒め物はきびしいのではないでしょうか。
【2009/02/12 12:19】 URL | たけのこ3姉弟のおとう #-[ 編集] |
--Re: タイトルなし--
対流式(本体が熱くなるのではなくて熱い空気が出てくるタイプ)だからなのか、自分の焚き方がおかしいのか?よく分からないんですが、今のところ、とろ火料理向、「スローフード」向なのは確かです;
(市販の薪ストーブ料理本には豪快にフライパンで炒め物してる写真とか載っていたのでそんなことができるイメージがあったんですが)

> それにしても白菜の蒸し煮いいですね~。うまみたっぷり♪
> さっそく真似させてくださーい。

ぜひぜひ。白菜の甘みがたっぷり出るとおいしいですよ~。
【2009/02/12 23:28】 URL | yukineko #-[ 編集] |
--Re: タイトルなし--
> わが嫁は、未だ暖房器具としてしか見ていないようで、全然その気がありません。

普段使っているガスコンロなどに比べると、火力調整出来ないしタイマーももちろん付いていないしで不便なんですが、試行錯誤した結果「今日はうまく料理できた!」って瞬間が楽しめれば、はまる気がします。
でもこれは薪ストーブユーザーならではの楽しみ方なのかな?
(「今日は焚付うまく行った!」っていう感覚と似てるかも)

> ところで、ストーブトップの温度ですが、機種や構造が違うので参考にならないかもしれませんが、DWのセネカですが、250度以上なんてガンガン焚かないといきませんよ。

機種によってトップや炉内の温度は結構違うみたいですね。
以前読んだ薪ストーブ本で、炉内でピザを焼くのに「熾き火で15分」とか書いてあったんですが、うちの場合5分放置したら黒こげ寸前でした(泣)
まだまだこれからも試行錯誤での料理、続きそうです(笑)
【2009/02/12 23:42】 URL | yukineko #-[ 編集] |
--承認待ちコメント--
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/02/17 12:47】 | #[ 編集] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://nekoielog.blog96.fc2.com/tb.php/196-e8b447e7
| ホーム |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。