FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
D工務店さんの見積
今日はD工務店さんから前回までのプランでの見積を出してもらう約束の日でした。

最終プランを見ながら、見積の説明を受けました。
見積り額は、工事費だけではなく、地盤改良費・外構・照明・空調・カーテン・引越し費用など実際に新居で生活を始めるまでの金額も見積に含まれていて、其々小計で出してありました。
とても良心的な見積書だと思いました。

外壁・内壁ともに漆喰塗り、屋根はダークグレーのS瓦・・・。
この仕様でこの金額。恐らく世間的に言えば、妥当、いやむしろ安いぐらいだと思いました。D工務店さん、すごく頑張ってくれたのだと思います。


だけど、やっぱり・・・ときめかないのです。わくわくしないのです。

だから、いくらこの仕様で見れば妥当な価格だったとしても、これでOKとは思えなかったのです。
何十年とかけて、支払い続けてでもほしい家ではなかったのです。
そのため、どうですか?と聞かれた時に言ってしまいました。
「ごめんなさい、高いです・・・。この金額は出せません。」

D工務店さんとの打合せは営業さんが一人、でも営業さんは設計が出来ないので、社外のちょっと年配の設計士さんが一人、この二人と行ってきました。
営業さんは私が要望を出すたび、大抵こちらの要望はイレギュラーなものが多いので最初「?」状態なのですが、毎回それを調べてきてくれて、すごーく頑張ってくれているなーと思うんです。(ちょっと忘れっぽいところもあるけど)
IKEAについても、最初話した時には全然名前も知らなかったようなのですが、それから1週間後位にたまたま関東で会社の研修があったらしく、その時船橋店に実際に偵察に行かれたみたいで・・・この行動力にはマジ驚きました;;
設計士さんは、恐らく今までの経験で培われた固定観念からくる発言だとは思うのですが、こちらの要望を「一般的にはそういうことはしません」と一般論で切り捨てる?方で、ちょっと自分とは相性が合わない気がします。でもそれは、別の人から見れば、逆にありがたいと感じる意見なのかも知れないので、ホント、相性だけだと思うのですが。

じゃあ、設計士さん変えてもらえば?って話もあるのかもしれないですが・・・これまでD工務店さんは主に某HMの下請け工事を行う工務店だったらしく、店独自の施工物件と言うものがまだないようです。
そのためHMの影響が多いようで、設備関連はメーカーのシステムには強いようなのですが、オーダーや造付けには不慣れなようでした。
なので、システムにはあまり興味のない私の希望を取り入れて貰うためにはこちらからかなり提案しないと難しそうでした。

もし自分に家の中すべてを指定できる位のセンスや設備・雑貨の知識があればD工務店さんでもよいのかもしれません。
でも残念なことにある程度の要望はあっても、一からそれを指定できるだけの知識が正直、自分にはありません。(っていうか、それができるのなら、エアサイクルのB工務店で決まってたんじゃん?とMy旦那に言われました・・・はい確かに。)

あとは、自分でも少しは家作りに関わりたいと思っているので、施主施工にあまり前向きではないみたいな点もちょっとポイントダウンです。(保証の問題とか、色々あるようです)

高いと言った私たちに、営業さんは更に値段を下げれる案を考えます、と仰ってくれました。例えばオープンハウスをする、工務店のホームページに施工例としてインタビュー付で掲載する、など。他にも断熱材をグラスウールにすることまで。
でも断熱材については、絶対妥協はしたくなかったので、それははっきりお断りしました。

営業さんの熱意、勉強熱心なところ、見積書が良心的なところはすごくいいよね、いいんだけどね・・・。

帰りの車の中で、My旦那と二人、そればかり言っていた気がします。
スポンサーサイト
【2007/06/24 23:54】 依頼先探し | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<D工務店さんからメール。 | ホーム | 斜線規制の緩和>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://nekoielog.blog96.fc2.com/tb.php/41-a257a6a7
| ホーム |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。