FC2ブログ
斜線規制の緩和
前回の猫の設計士さんとのお話の中で、斜線規制の緩和があると聞いたのですが自分でも確認したいと思い、設計士さんにお願いして資料をpdfで送ってもらいました。

基準法第56条、施行例第132条の「2以上の道路がある場合の道路斜線規制」の中の、

「狭い道路の中心線から水平距離10m以内に広い道路の2倍かつ35mが重複する区域内では、広い道路幅員による道路斜線規制が適用される」
・・・文章で読んでも何のこっちゃですね。

頂いた資料には分かりやすく図入りで説明してあったので、それを元にして説明します。

まず我が家の敷地、南面道路が6m、背後の道路が1.8m(私道って書いてありますが「市道」の間違いでした(汗))で、普通に道路斜線規制がかかるとこうなります。
斜線規制


が、敷地の幅が、広い幅員の道路の2倍(6m×2=12m)かつ35m以内で、狭い道路の中心線から10m以内の部分あれば、狭い幅員の道路にも広い幅員での道路斜線規制が適用される、つまりうちの場合、北側の道路は実際には1.8mだけど、6mの幅員の道路として斜線規制がかかるというわけです。
斜線規制緩和1

一番広いところで11mの敷地幅の我が家の場合、おそらく適用可能です。

本当に基準法は難しいですね・・・。知らなきゃ知らないで終わるだろうし、逆に知らないで確認の時にアウト、ということも起こって不思議ではない気がします。
それに敷地の形状がイレギュラーなものであれば、法の解釈の仕方で見る人によって意見は色々分かれそうな気が強います。
今回は勉強になりました、はい。

勉強ついでに、Let's Click!

FC2ランキング

スポンサーサイト



【2007/06/22 23:03】 依頼先探し | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<D工務店さんの見積 | ホーム | 猫の建築士さんのプラン>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://nekoielog.blog96.fc2.com/tb.php/44-f23821d6
| ホーム |